上尾の家増築の現場
今日は午前中、上尾で工事中の増築工事の現場へ行って来ました。

内部の増築方向を見る

1月6日から始まって、1月いっぱいで終わる予定だったのですが少し工期が延びてもう一週間ほどかかりそうです。ほんの1坪の増築とはいえ、解体工事、基礎工事から始まって木工事、左官、防水、塗装、サッシ、電気と一通りの工事があるのでやはり1月ではちょっと無理と言うことですね。

しかし、内部工事はほとんど終わっていて明日、電気屋さんが器具付けを終われば掃除をして、使えるようになります。

増築部分天井

天井には桐の板を張っているのですが、旧い部分と増築した部分では、旧い部分が日に焼けているので、どうしても色が違います。塗装で色合わせと言う方法もあるのですが、かえって不自然になるので、そのまま新しい部分も日に焼けてくるのを待つことにしました。
どちらにしてもこの霧の板は塗装をしないで使っています。そのままの風合いが良いこと、桐の持っている調湿作用をなるべく妨げないようにと言う考えからです。
しっくい壁と照明

壁にはスイス製の漆喰を塗っています。
ベッドの頭の位置をお施主さんの希望で変えることにしたので、そこに低めに付けていた照明を上に上げました。既存部分も壁を塗り替えたので可能だったのですが、電気屋さんはだいぶ苦労したようです。

来週中ごろには外部も含めて全て工事が完了する予定です。
Posted by kozyken
category:未分類
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/874-e9e792af
trackback