上尾の家ミニ増築工事完了
お正月明けから工事をしていた、「上尾の家」の寝室の増築工事が完了して、今日はその確認のため現場に行って来ました。

12畳の広さになった寝室

写真のサッシ部分を一軒だけ伸ばしてほぼ一坪だけ増築する工事ですが、これで寝室の広さが12畳になりました。寝室としては贅沢な広さですが、年を取ると寝室で過ごす時間が長くなるだろうというお施主さんの考えから、ちょっとしたくつろぎの空間にもなるようにと広くしたものです。

外付けのアルミルーバーを下したところ

新しくしたサッシには、外付けのアルミルーバーを付けました。夏の日差しをサッシの外側で遮って熱を室内に入れない働きをするとともに、夜は防犯と十分な風通しを可能にします。これは電動で上げ下げと羽根の角度の調整が出来るようになっています。

中庭から見た増築部分外観

中庭側から外観を見るとこんな感じになります。ここだけ中庭にはみ出した感じになりますが、前回の工事の時に取り付けた木製のパーゴラが連続するので、違和感が薄れたのではないかと思います。
一見簡単な工事のようですが、規模に関わらず事前に綿密な検討と、現場での職人さんたちとの打ち合わせが必要なことは大きな工事と変わらない内容でした。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/877-3c4be7c7
trackback