田園調布の集合住宅-地下の壁配筋検査
地下の壁の鉄筋の様子

今日は、田園調布で工事中の集合住宅の地下部分の壁の配筋検査に構造事務所の所長と一緒に行って来ました。

基礎工事が終わった後、地下室の外側の型枠を建て込み、壁の鉄筋を組み終わったところです。
この建物は鉄筋コンクリートの壁構造と言う構造形式を採用していて、柱が無く壁で建物を支えるようになっています。その為に壁がしっかりしていることが大事になってくるので、壁の配筋が終わった段階で検査をするわけです。

地下の壁の鉄筋の様子

鉄筋が設計通りの配筋がなされているかどうか、窓の開口部に補強が入っているかどうかなどを検査しました。
結果としては、ほとんど問題はなく2,3の細かい訂正をしてもらうことで検査は終わりました。
この後、内側の型枠を組んでから、1階の床に当たる部分の型枠と配筋が終わったところで、もう一度検査を行って、コンクリートを打設するようになります、
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/890-951c933f
trackback