南の庭・北の庭
ゴールデンウイークは家でのんびり、と言いたいところですが3日4日と2日がかりで庭の雑草刈りをやっていました。

この1週間ほど気温も高く、お天気も良いので庭の植物は一斉に葉を伸ばしてきています。

モッコウバラ

ツキヌキニントウ

カロライナジャスミン
家の南側の垣根に沿って、モッコウバラ、ツキヌキニントウ、カロライナジャスミンを植えてあるのですが、これも満開できれいな花を咲かせています。

家から庭を見ると
ところがこの花たちが、家の中からはほとんど見ることが出来ません。花たちは南の日当たりを求めて、垣根に植えてあるニオイヒバの外側へ外側へと延びて行き、等々今年は我が家の側からはほとんど見えなくなってしまったようです。

昔から日本の庭園は家の北側に作るのが良いと言われています。樹木は日の当たる南側がきれいに発育するので、その樹木を見るためには建物を北向きにする方が良いと言う訳です。我が家の庭を見ても、その考えには一理あるなと思いました。
そういえば先週見学に行った富士宮の住宅では居間の北側に庭を持って来ていました。
Posted by kozyken
category:住宅
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/892-e82f5234
trackback