LOGROAD代官山
先週、現場へ行った帰りに代官山で途中下車して、新しく出来たショッピングモール、「LOGROAD代官山」を見てきました。

代官山方面の入り口から街並みを見る

ここは、東急東横線の渋谷と代官山の間が地下化したことに伴って出来た地上部分に、期間限定で出来た施設です。そのような特殊事情があって、都心とは思えないゆったりとした贅沢な作りになっていて、のんびりと散歩するのに最適な環境になっています。
線路の上なので細長い敷地ですが、その特徴を生かしてゆったり湾曲して伸びる道に面して、木の外壁を持つ低層の建物が点々と並んで、その間に小さな広場があったりします。
そして何よりもここが落ち着く環境になっているのは、いたるところに配置された植栽のせいです。植物の種類がとても多様で、葉の美しさを見せるデザインになっているのか、その葉の色もさまざまなものが混植されていて、歩きながら一つ一つ見て歩く楽しさがあります。
期間限定と言わずに、こんな環境が長く残ってほしいと思いました。

ちょっとしたデッキの広場が
建物の間に小さな広場があって、テーブルを出しているところも楽しそうです。

先が見通せないように曲がった道
道の先端がそのまま突き抜けないで、道を曲げて見通せないようになっているのも、歩いている人にその先への期待感を抱かせる演出です。

雨に濡れたデッキと店舗
この日はあいにくの雨天でしたが、こんな環境だと雨の中を歩くのも楽しくなります。

壁際の植物
建物と道路の間に、このような小さな植物が植えてあるのですが、種類が多様なこと、葉の色がそれぞれ違っていて美しいデザインになっています。

植栽の間に木のベンチが
道路の南側は高低差があって隣のビルの擁壁になっているのですが、植栽を施すことでその圧迫感をうまく隠しています。
Posted by kozyken
category:建築
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/900-b19ecf44
trackback