田園調布の集合住宅-サッシ取付
一昨日は田園調布の現場へ定例打ち合わせに行って来ました。

ようやく型枠のとれた外観

先週、最上階(2階)のコンクリートを打設したところですが、外側の型枠が外れて外観がようやく見えるようになりました。それと共に、地階と1階のアルミサッシが付けられていました。
今回は、外壁は打ち放しではなく、白い塗装を掛けるつもりなので、仕上がる又少し感じが変わります。頭の中でイメージしながら白の色調についても検討しています。

居間と水回りの間仕切りの下地

内部では大工さんが入って、地下と1階で間仕切り壁の下地を作っていました。
ほとんどワンルームのマンションなので、間仕切りは水回りだけですが、その中では排水、給水、給湯の配管工事が行われていました。給水、給湯は、ヘッダーから分かれて、さや管と言われる保護の管の中に実際に水やお湯の通る配管が入っている、さや管ヘッダー方式と言う配管方法を採用しています。こうすることで、配管が保護されると同時に、将来のメンテナンスもやりやすくなるように考えています。

水回りの配管

取り付けられたアルミサッシには、大工さんが枠を取り付けていました。この後コンクリートの壁に、現場発泡のウレタンフォームと言う断熱材を吹き付けてから、石膏ボードを取り付けて壁を仕上げて行くようになります。

サッシと枠の納まり
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/905-461fa4a7
trackback