平家琵琶の会―求道会館
今週の金曜日に、本郷の求道会館で行われた平家琵琶の会に行って来ました。

「大原御幸―建礼門院の語る六道沙汰」と題されて、平家滅亡後に出家して京の寂光院に住む建礼門院の元に、後白河法皇が訪れ、平家の盛衰を目のあたりにしてきた建礼門院の話を聞くというくだりです。
俳優の坪井美香さんの語りで、琵琶と横笛、そして打楽器が入ります。
前もって解説していただいているせいもあって、細かなところは別としても話の大筋は解りますし、それ以上に坪井さんの語りの調子が素直に耳に入ってくる気がします。
物語は、やはりことばの調子、リズムがとても大事ですね。
そして、琵琶と横笛、打楽器の演奏が素晴らしく、1時間ほどの演奏が夢の中を漂っているような気がしました。
特に、打楽器が見たこともない不思議な楽器で、独特な空間を作っていたような気がします。後から聞いたところでは、中国で買ったものだそうですが、シルクロードの中央アジアあたりで使われているもののようです。
シルクロード由来の楽器

この日は音楽を聴くことと、もう一つ会場となっている求道会館を見学することも目的でした。
この求道会館は大正時代に浄土宗の仏教者だった、地角常観が若者たちと一緒に寝泊まりして仏法を追求するために宿舎と共につくったものと言うことです。
建築は建築家の武田五一が設計を担当して、当時のモダニズムに傾倒していた武田が、モダンな様式で作ったもので、西洋の教会のような外観とインテリアの中に、正面に仏様を納めた六角の逗子が嵌め込まれた、不思議なものです。

外観

教会風のインテリアに六角堂の逗子

独特構造の軽快な小屋組

この日は、近角常観のお孫さんに当たる、近角真一さんに案内をしてもらいました。実は近角さんは建築家で、50年近く使われずに廃墟の様になっていたこの建物を再生設計した方です。
又、会館の裏にかっての求道学舎があり、こちらも近角さんが再生をして定地借地権付きの分譲住宅として販売されました。この建物が出来た時に建築雑誌で見て興味があったので、こちらも見学できるかと思ったのですが、販売済みで、人が住んでいるので見学はできませんと言うことでした。
集合住宅となっている求道学舎


この日は、千年前の平家滅亡の語りを聞き、100年前に建設された建物のお話を聞き、不思議な時間旅行をした気持ちになりました。
Posted by kozyken
category:音楽
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/918-7bc2f783
trackback