田園調布の集合住宅―竣工
外観

田園調布で工事中だった集合住宅がようやく完成して、昨日引き渡しをしました。

集合住宅とはいっても、延べで57坪ほど、ワンルームの住戸が6戸入る小さな建物です。高さにも制限があるので、半地下+2階建てと言うこじんまりした建物になりました。

田園調布は地形の起伏の大きなところで、この集合住宅の場所も田園調布の駅からアプローチすると山と谷を2度超えるようになります。その二つ目の山を多摩川に向かって下ってゆく急な坂道の途中に敷地があります。
住宅環境の良いところを守るように、建蔽率は40%と低く抑えられていて、風致地区、景観法の適用、地区計画といろいろな制限があり、設計にも、役所関係の書類の煩雑さにもとても苦労しましたが、それだけ緑の多いゆったりとした建て方が出来るので、結果的には良かったと思います。

ワンフロアーに2個のワンルームとしては少し広めの住戸はL型に配置されて、4周すべての壁に窓が取られているので、明るく、風通しの良い部屋になりました。
2面に大きな窓があって明るい室内

単身者向けとはいえ、きちっと料理をしてもらおうとキッチンも大き目のものを入れています。
キッチンは180cmの大きさがあり、二口のIHコンロが付いている

場合によっては寝室スペースと他のスペースを仕切れるように天井にカーテンレールを取り付けてあります。必要があれば、住んでいる人が好きなカーテンで部屋を分けることが出来る訳です。
作り付けの家具でキッチンが仕切られて、天井のカーテンレールで更に寝室を仕切ることができる

水回りも単身者だからと、おろそかにならないようにだいぶ広めに取っています。浴室は1坪の広さ、洗面室は3畳弱の広さを確保しました。水回りが広いとちょっと贅沢な感じがします。マンションの浴室、洗面室には窓がないことが多いのですが、ここではちゃんと窓を設けるようにしました。
広々とした洗面室と浴室
洗面、洗濯室も広めに

早速、明日から一部屋入居が始まり、賃貸住宅の入居にはあまりよくない時期の割には部屋を見に来る人が多いと、不動産会社の担当の人が話していました。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/920-7526b313
trackback