大江宏賞10周年記念イベント
大江宏賞会長のあいさつ

昨日は午後から大江宏賞10周年記念イベントに参加しました。

大江宏賞というのは、母校、法政大学建築学科の大学院卒業設計の再優秀作品に対して与えられる賞で、我々卒業生の有志が運営しています。
受賞者には優勝の盾と30万円の賞金が与えられるのですが、これも卒業生の寄付によって賄われています。
今年で11年目になるのですが、11周年というのはゴロが悪いので、10周年記念イベントという名称で行うように半年ほど前から準備をしてきました。

この賞に挑む学生を励ます意味もあって、現役の学生と、大江賞に挑戦してこの11年の間に社会で活躍している卒業生を中心に交流を図るようなイベントになるようにいろいろと工夫を凝らして企画を立てました。
学生たちが参加しやすいようにと、お菓子やコーヒーを用意したり、会の後の懇親会用にアルコールとおつまみも用意して、和やかな雰囲気を作ったのが功を奏して、予想以上の参加があって盛んな会となりました。

会の前半は、かって大江賞を受賞して社会で活躍しているOBが今までの仕事を紹介して、学生たちの将来の進路の参考になるような話をしてもらい、後半は学生、OB10人ほどのグループに分かれて、建築の話を中心に自由に意見交換をしました。

僕もその輪に入って学生たちと話をしましたが、みんな真剣に建築のこと、将来のことを考えていて、とても有意義な時間でした。
懇親会の後、さらに近くの居酒屋で2次会になり、夜遅くまで語り明かしました。こうして10代から70代までの学生、OBが建築を通して一日がかりのコミュニケーションをとることは我々にとっても貴重な機会でした。
 
第2回、10年前の受賞者のプレゼン

学生とOBからいろいろなん話が

10名程度のグループに分かれての意見交換
Posted by kozyken
category:建築
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/921-adde34eb
trackback