山口蓬春記念館再訪
先週、神奈川近代美術館鎌倉館を訪れた帰りに葉山にある山口蓬春記念館に寄ってみました。

日本画家である山口蓬春がここに建っていた日本家屋を1948年に買い取り、その後芸大の同窓生だった建築家、吉田八十八に依頼して、画室を増築、さらに内玄関と茶の間を増築したものです。

葉山の海から東側の山を登りかけたところに敷地があり、門を入ると斜面になった庭を登ってアプローチするようになっています。その正面入り口周りは最近改装されていますが、入って左側の画室と、右側のはずれの茶室と内玄関が吉田八十八の設計になるものです。

吉田八十八は近代数寄屋の創始者として知られますが、和風建築ベースにして近代的なデザインセンスを盛り込んだのだといえると思います。

増築部分の裏玄関へへの路地
内玄関へのアプローチは狭い路地になっています。

増築部の和室
増築部の茶の間。いかにも吉田八十八らしい和室で天井に埋め込まれた照明に天井の目地が通っていたり、障子の欄間の鴨居の細いところなどが特徴的です。

画室への廊下
画室へと至る廊下のつくりも八十八流。

廊下と筆洗いの流し
流し脇の少し角度を振った壁と、障子の桟が美しい。

画室南側の大きな開口
画室の南側に庭を望む一面のガラス戸、その桟の細さが際立っています。

画室、裏庭への窓
北側にも裏庭に面して大きな開口部があり、やはり細い桟のガラス戸が入っています。

画室裏庭
その裏庭が後ろに山を背負って、とても良い雰囲気を出しています。

画室南側外観
南側の庭から画室を見るとこんな感じです。

画室天井の照明
画室の照明は天井に埋め込まれてシンプルなものですが桟の割り付けが美しく、凛とした気品があります。

画室外部の手摺
南側の大きな開口部に、外側からつけられた手摺もとても凝ったディテールをしています。

後記:
3年ぶりにここを再訪して気になったことがいくつかありました。
一つは内玄関から出た先に、依然来た時にはなかった別館がたてられていたのですが、これが壁も天井もビニールクロスを張った、安っぽいメーカー住宅でした。
もう一つは2階の部屋が、これは吉田八十八の設計ではありませんが、それなりに雰囲気のある和室なのですが、その隣の附室に当たる部屋がペラペラの新建材を使って改装されていたことです。
ここは、山口蓬春の画業を展示するとともに、吉田八十八という建築家の建物も鑑賞される場所ではないかと思います。パンフレットにも吉田八十八の名前が出てくるのですから、改修するときにも彼の作品にリスペクトするべきなのではないかと思います。
記念館を運営する人の認識の低さがちょっと残念でした。
Posted by kozyken
category:未分類
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/930-54ba9c77
trackback