いろいろなキッチン(1)
前回に続いて、今までに設計した住宅のキッチンを集めてみました。

食べることは生活の基本なので、どのようにキッチンを作るかということは住宅の設計の中ではかなり大事な部分になります。
僕の設計する住宅の中では、既製品のいわゆるシステムキッチンを使うことは少なく、約8割の住宅がオリジナルで作っています。
部屋の雰囲気と、建て主の要望、使い方に合わせてデザインして、家具屋さんに作ってもらうようにしています。
というわけで、毎回違ったキッチンが出来上がるわけですが、そのうちのいくつかを集めて2回に分けて見ていただきたいと思います。

エクステンションするキッチン
必要に応じてキッチンカウンターが60cmほど広げられるように作ったキッチンです。カウンターは人工大理石、扉はメラミン板、コンロはAEGのIHヒータ、水栓はグローエの製品を使用しています。

周りの家具に合わせたキッチン
リビング、ダイニングに面して、アイランドタイプのオープンなキッチンなので周りの家具に合わせて米松材の扉としました。料理の好きな家族がみんなで料理に参加できるように考えました。キッチン上のトップライトから光が降り注ぐ明るいキッチンです。

シンプルに大工さんに作ってもらったキッチン
シンク一体のステンレスカウンターを特注して、箱の部分は現場で大工さんに作ってもらいました。火力の大きなガスコンロと、ミーレの大型食洗器はお施主さんのこだわり。

コンパクトで使いやすいキッチン
狭小住宅のためのコンパクトなキッチン。長さが取れない分奥行きを深くして使い勝手を犠牲にしないように考えました。ステンレスのカウンターと竹集成材の扉。同じく竹集成材でダイニングテーブルを家具屋さんお揃いで作ってもらいました。

対面式キッチン
キッチン前に40cm程の高さのパネルを立ち上げた対面式キッチン。キッチンの手元を隠しながら、リビングにいる家族と会話がはずむキッチンです。
Posted by kozyken
category:住宅
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/934-4b9f1127
trackback