南イタリアの魅力的な街(3)―タオルミーナ(シチリア)
タオルミーナはシチリアの北東部の海に面した美しい街で、今では夏のバカンスシーズンにヨーロッパ中から観光客の集まるリゾート地として有名です。

他のシチリアの街と同じく、ギリシャ時代にさかのぼる古い歴史を持ち、その後のローマ時代、アラブによる支配、中世のノルマンの時代と様々な文化が融合して魅力的な街並み空間を形成しています。

多くの魅力的な街が山の斜面に形成されているように、タオルミーナもイオニア海から急な斜面を登ったところにあり、すぐ後ろには山がそびえるという独特な地形の中にあります。

4月9日広場から、イオニア海の眺め
街の中央にある4月9日広場から見下ろすとこのように急斜面の下に美しい海の景色が広がっています。海岸に近い所には鉄道の駅が見えます。

4月9日広場
その広場の後ろを見るとご覧のようにすぐ後ろに山が迫っているのがわかります。

ウンベルト通り
街の中央を走るウンベルト通りは、多くの観光客でにぎわっています。

カテドラル
これは、カテドラル。

ドゥーキ・ディ・サント・ステーファノのパラツッオ
そしてこれは、街のはずれにある、ドゥーキ・ディ・サント・ステーファノのパラツッオ。

階段状の道に面したレストランでは多くの人が食事を楽しんでいます

裏通りにはレストランのイスとテーブルが並んで賑わっている
ウンベルト通りから脇の道に入ると、山側に上るか、海側に下るかの階段になっていて網の目のような複雑な道に面して多くのレストランがあります。

60cmほどの幅しかない狭い道も
中にはこんな狭い道も。

ギリシャ劇場
この町で一番の名所は、街のはずれ、海に向かって突き出した丘の上にあるギリシャ時代の野外劇場です。バックにイオニア海の紺碧の海と、タオルミーナの街並みを望む最高のロケーションの中にあります。遥か紀元前3世紀に、ギリシャ人たちはこんなところで演劇を楽しんでいたと思うと不思議な感情におそわれます。

B&Bの屋上からの眺め
僕が泊まっていたB&Bの屋上からも街並みとその向こうのイオニア海を望むことができました。このB&Bでは朝食をこの屋上のテラスで取るようになっていて、これが最高のおもてなしでした。
Posted by kozyken
category:日記
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/953-2d9df8bb
trackback