南イタリアの魅力的な街(4)―シラクーサ
ナポリ以南の南イタリアの街は、歴史的に古代のギリシャの植民地に始まって、ローマの支配、アラブ、ノルマン、スペインと様々な文化が融合しているところが魅力の一つですが、特にシチリアに来るとその傾向が顕著になってきます。

シチリアの南東に位置するシラクーサは、ギリシャの遺跡が集まる本土側と、中世以来の街並みが迷路のようにつながる、オルティージャと言われる島からなっています。島といっても本土と2カ所にある橋でつながっていて、ほとんど半島といっても良い地形です。

ドゥモウ広場
そんなオルティージャの中心がドゥモウ広場です。

ドゥモウ正面
そのドゥモウ(大聖堂)がj実に興味深い建物です。正面から見ると立派なバロック様式の教会なのですが、脇に回ると古代ギリシャのドリス式の円柱が壁の間に見えます。
ドゥモウ左側側面

実はこの建物は、もともとは前5世紀にギリシャ人が作ったアテナ神殿だったのです。ローマ時代はミネルバ神殿として使われ、7世紀中ごろビザンツの教会へと改修され、さらに17世紀の大地震の後、バロックの聖堂として大きく改修されたそうです。
実にこの建物一つの中に様々な文化が混交している感じです。

ドゥモウ内部、側廊下部分
そして内部でも、様々な様式を見ることができます。

アルトゥーザの泉と海に面したレストラン街
建物の合間から海が見える
シラクーサの街の魅力は、今まで見てきた街のような複雑な高低差のある地形ではないのですが、オルティージャが比較的狭い島なのでどこに行っても道の向こうに海が見えるところにあるのかもしれません。

夜の路地裏
そして夜ともなれば、狭い路地のあちこちにあるレストランが道をふさぐようにテーブルを出して、多くの人々でにぎわうようになります。海の幸をたっぷり使ったシチリア料理を楽しむことができます。

ディオニッソスの耳

本土側のギリシャ遺跡の一番の見どころは、「ディオニッソスの耳」と言われる洞窟で、かっては牢獄として使われていたものだそうです。思った以上に大きくて迫力のある洞窟でした。
そして、野外劇場も有名なのですが、僕が行った時は演劇の準備のためか石の座席の上に木の板が被せてあり、ちょっとがっかりでした。
Posted by kozyken
category:建築
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/955-756185b7
trackback