名画座-早稲田松竹
久しぶりに早稲田松竹

早稲田松竹

JRの高田馬場駅から僕の仕事場へ行く途中に、早稲田松竹という古くからある名画座があります。土曜日に久しぶりに仕事帰りに見てきました。
名画座というのは、封切りから時間のたった映画を2本立てで安い価格で見せてくれる映画館ですが、その二本をどのように組み合わせるか、運営サイドの考え方やセンスがわかって面白いものです。
よくあるのは、フェリーニ特集、ベェルトリッチ特集などと監督によって組合わせたり、主演の俳優によって組み合わせたりするものですが、今週は画家を題材にした映画の2本立てでした。

放浪の画家ピロスマニ

1本は69年のグルジアの映画「放浪の画家ピロスマニ」。
僕は不覚にもこのピロスマニという画家を知りませんでしたが、グルジアで店舗の看板画きをしながら、動物や街の人々の絵を描いていた画家です。その素朴な動物や人物を描いた絵はちょっとアンリ・ルソーを思わせるところがあります。
グルジアの人々や風土が見事に映像化された映画でした。74年に日本で上演されたときはロシア語だったそうですが、今回はデジタルリマスター版で、言葉もオリジナルのグルジア語になっているそうです。どちらにしても言葉はわからないわけですが、言葉の響きと描かれるグルジアの風土を見るとこれは絶対グルジア語のほうが良いですね。

FOUJITA

もう一本は、日本映画で、小栗康平監督の「FOUJITA」。画家の藤田嗣治をオダギリジョーが演じています。
前半がパリ時代のフジタを描いて、後半が戦時下の日本が舞台になっています。

この映画は圧倒的に後半の日本の風景の描き方が美しく、素晴らしい映画だと思うのですが、僕は前半のパリ時代の描き方に違和感を覚えました。なんとなくしっくりしないというか、ちぐはぐな感じがぬぐえません。
同じ監督なのに前半と後半でこんなに違うのはどうゆうわけなのか。日本人だから日本のほうがうまく描けるのは当たり前かもしれませんが、もしかしたらパリでの撮影スタッフ等の技術的な問題があるのかもしれないと思いました。
それにしても、後半には素晴らしいシーンがたくさん出てくるので、これを見るだけでも価値があるといえます。

最近はあまり映画館に行かなくなり、ついついレンタルDVDで映画を見る習慣がついていますが、やっぱり映画館で見るのはいいですね。
名画座というと昔はホールがあまりきれいでないというイメージがあったのですが、今の早稲田松竹は椅子もゆったりして、中もきれいです。僕の場合はシニア料金で、2本立て、900円で見られるので、これからも時々は見に来ようと思います。
Posted by kozyken
category:映画
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/962-34bef84d
trackback