川崎の複合ビル ―根伐り
昨日は川崎の現場へ毎週水曜日の定例打ち合わせに行ってきました。

現場は、杭の施工が無事に終わって、根伐りのあと捨てコン、墨出しが終わって、杭の頭に補強の鉄筋を溶接しているところでした。

根伐り、捨てコン

根伐りとは、基礎をつくるために穴を掘ることを言いますが、今回は一番深いところで1.5mほどの深さに掘るために、土が崩れてこないように、鉄骨のH鋼を打ち込んで、矢板と言われる木の板を山留に建て込んでいます。

解体工事のときから比較的浅いところで地下水が湧いていたので心配していたのですが、幸い基礎フーチンの入る一番深い部分に少し出ているだけで、ポンプで排水しながら作業をしています。

杭頭補強筋の溶接

杭は基礎から余分に残っているところをカットして、基礎の捨てコンから20cmだけ出るようにしていますが、そこに1mほどの長さの鉄筋を何本も溶接しています。
杭は建物の重さを支えるだけでなく、地震や台風のときに倒れそうになる力に対して、建物を引っ張る力にも対抗しなくてはなりません。これを杭の引き抜き力と言いますが、杭を引き抜くように力が掛かるわけですね。その為に、このように杭の頭に鉄筋を溶接して、基礎のコンクリートと一体になるようにするわけです。

いよいよ来週からは、基礎の鉄筋に配筋が始まります。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/972-7a4090cd
trackback