川崎の複合ビル―基礎の配筋検査

今日は川崎の現場で基礎の鉄筋の配筋が終了したので、構造事務所の担当者と一緒に配筋検査に行ってきました。

基礎の配筋

柱の位置にある基礎と、それをつなぐ地中梁と言われる梁、そして柱の鉄筋が設計図通りの本数と太さがあるかどうかすべてチェックして行きます。

配筋のチェックをする構造設計者

設備や電気の配管が通るところは、スリーブと言って紙の管をあらかじめ入れておくのですが、この位置が事前に出ている施工図と一致しているかというのも大切なチェック事項です。

設備のスリーブ

このスリーブのうち100mm以上の径のものは鉄筋の補強が必要なのですが、一部その補強方法に問題があったために、是正の指示を出しましたが、それ以外はきちっとしたきれいな配筋ができていて問題はありませんでした。

今日住宅の瑕疵担保保障会社の検査もありましたが、こちらも無事問題なく完了しました。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/974-a986bd34
trackback