サルディニアのアルベルゴ・ディフーゾ
昨日は、谷中で「サルディニアのアルベルゴ・ディフーゾ」の報告スライド会を行いました。

スライドを見ながら説明するNさん

食事とワインをいただきながら

僕の大学の後輩にあたるNさんが、今年の9月にサルディニアを旅行して、アルベルゴ・ディフーゾを5カ所ほど泊まり歩いてきたのでその体験をスライドと共に語ってもらおうという会です。
先月、Nさんから相談を受けて、企画を立てたものです。

アルベルゴ・ディフーゾについては、このブログでも何回か書きましたが、今回会場に選んだのは日本で最初に、イタリアのアルベルゴ・ディフーゾ協会から認定を受けた、谷中の「HAGISO」です。

サルディニアという、イタリアとはいえあまりなじみのない島で、どのような体験をしてきたのかという興味と共に、日本のアルベルゴ・ディフーゾとして、このHAGISOをどのように運営しているかというお話を、オーナーの宮崎晃吉さんから直接聞くこともできるということで、会場は満員の盛況でした。

簡単な食事とワインを飲みながらお話を聞き、そのあとテーブルをかたずけて自由に交流するというスタイルにしましたが、まちづくり、街の活性化ということに興味を持っている人が多かったせいか、閉店ぎりぎりまでみんな活発に話し合っていました。

会場の一部にあるギャラリー
Posted by kozyken
category:日記
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/977-7c005a9e
trackback