川崎の複合ビル―中間検査
2階の床まで配筋の終わった現場

今日は川崎の現場の確認検査機関による中間検査がありました。
建物の規模と用途によって、工事中間での検査がある場合とない場合がありますが、今回は2階の床の鉄筋の配筋が終わったところで検査工程となっています。

検査機関による検査の風景

梁の鉄筋

階段周りの様子

午前中に、構造事務所と一緒に設計事務所としての配筋検査を行い、問題点を修正してから、午後から検査機関の検査を受けました。
結果は、特に問題になるところはなく無事に検査が終了しました。

コンクリート打設の手順を書き込んだ図面

これで明日は1階の立ちあがりのコンクリート打設となります。
検査の後、現場事務所でコンクリート打設の手順等を打ち合わせしました。壁に打設手順、注意事項などを書き込んだ図面が貼られていて、それを見ながらの打ち合わせです。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/982-1f3ee0e4
trackback