今年最後の現場
今日は川崎の現場へ、今年最後の監理ということで行ってきました。

isi1612261.jpg

isi1612262.jpg

isi1612263.jpg

2階の壁の配筋が終わったということで、壁の配筋検査が主な目的です。
壁の配筋は、1階のときに何点か問題を指摘して訂正してもらっているので、今回は特に問題もなく無事に検査は終わりました。
そのあと、最後まで残っていたアルミサッシの詳細を再チェックして、打ち合わせは終了しましたが、現場は30日まで工事を続けることになります。

1階のコンクリートの1週強度試験の結果が出てきました。1週強度というのは、コンクリート打設のときに現場で採集したコンクリートを1週間後に試験場で機械にかけて、どのくらいの強度が出ているかを調べるものです。最終的にもう一度28日の強度というものを調べて、これが設計強度に達していればよいのですが、この1週強度の結果は37N/m㎡というものです。つまり、1m㎡あたり37Nの力を掛けたときに破壊されたということです。今回の設計強度は27N/m㎡ですから、1週間目ですでに設計強度を10N/m㎡上回る強度が出ていることになります。

これから年明けも型枠、鉄筋の工事が続いて、1月20日ごろに2階のコンクリートを打設する予定です。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/984-aa819f38
trackback