nennmatu.jpg

今年もいよいよあと数時間を残すのみとなりました。一夜飾りは良くないというので、昨日は頑張って家の大掃除をして玄関のドアに松飾を付けました。

大掃除も終わったので今日はのんびりと一年を振り返っています。
今年は前半は、川崎のビルが設計が終わり、見積もりの調整やら、確認申請その他役所関係の申請などの業務が主な仕事でしたが、それも終わって解体工事の始まる6月までは少し暇ができました。

そして後半は、その川崎のビルの工事が始まり、規模が大きいので思った以上に監理が大変でした。
現場は始まると、どんどん新しい段階に進んで行き、止めることはできません。現場からは躯体、設備、電気の施工図が大量に送られてきて、それをチェックしながら現場で起きる問題に対応してゆかなくてはなりません。着工してから年末で4か月ほどになりますが、それも一段落して現場も軌道に乗ってきた感じがします。

年が明けて、3月には躯体のコンクリートが終わる予定ですが、それからは内装工事が始まるので、まだまだ気が抜けない状態が続きそうです。
しばらく前から、マンションのリノベーションと、新しい住宅の計画が始まり、来年はこれも頑張ってよい仕事にしたいと思っています。

仕事以外では、今年は前半の空いた時間を利用して4月の末から5月初めにかけて南イタリアを2週間ほど旅をしたことが一番思い出に残る出来事でした。
アルベルゴ・ディフーゾという新しいイタリアの宿泊施設を体験できたことも大きな収穫でした。
そのアルベルゴ・ディフーゾに関連する講演を二つ企画して、司会も務めました。またその関係で、イタリアから来日したアルベルゴ・ディフーゾ協会の会長、ジャンカルロ・ダッラーラさんとお会いすることもできました。
また、イタリアで撮ってきた写真のスライド会を開いたりと、今年後半はイタリアがらみで進んできたような気がします。

というわけで今年はなかなか充実した一年でしたが、来年もよい年になるようにがばってゆきたいと思います。
Posted by kozyken
category:未分類
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/985-d2de8f89
trackback