卒業設計審査会
<土曜日に、母校法政大学建築学科の学部の卒業設計審査会に参加してきました。

審査会の様子

熱心に発表をする学生

ここ10年ほど毎年卒業設計審査会に行っていますが作品の傾向が時代によって変化することを興味深く感じています。学生も時代の流れ、世の中の変化に敏感に反応していますから、逆に卒業設計を見ることで、世の中の流れが見えるところもあって面白いものですね。

ここのところ、建築的な造形よりも社会的な問題をテーマにして、いかに社会へコミットしてゆくかという作品の傾向があるのですが、今年はその傾向がより顕著だった気がします.

都市に浸透する小学校

16作品の中から選ばれたのは「暮らしに寄り添う学び舎」という題で、小学校をテーマにして、学校施設が一つの敷地の中で完結するのではなく、地域の住宅地の中に分散されて配置されるという案でした。
分散されることで、学校と地域の住民の間にコミュニケーションが生まれ、地域の人たちが小学生を見守ることで、犯罪に巻き込まれることからも守られるという。
素晴らしいアイディアで、すぐにでも実現できそうなリアリティーもあります。どこかの小学校で採用されたら良いのにと思いました。
いわば地域分散型小学校、ということで思い当たるのは、僕が去年イタリアで体験した、アルベルゴ・ディフーゾが地域分散型宿泊施設と言われていること。偶然かもしれませんが、地域に分散することで住民との交流を図るというところでは通底しているところがあります。

三尺帯
これは、世田谷の「ボロ市」がかって道路と建物の間の三尺の空間を利用していたということを調べて、その三尺という薄い空間で街並みを作り直すという意欲的な作品

深川製材所の復活
これは、かって深川に多く存在した製材所を復活させて、まちの活性化を図るという作品。煙突のような排気塔によって自然換気を促して木材を乾燥させるというアイディアが良かった。

受賞を喜ぶ学生たち



Posted by kozyken
category:日記
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/989-f3a1ef7c
trackback